TOP > 投稿について > 投稿案内

投稿案内

日本混相流学会誌「混相流」への投稿のご案内

Contribution to The Journal of Multiphase Flow [ English version ]

概要

本誌は、研究論文ならびに各種関連記事の掲載を通じて、混相流に関する科学・技術の発展に寄与することを目的としています。対象とする混相流は、その生起する場面において工業装置、自然界、生体内などの別を問わず、その形態において気液、固液、固気、液液、固気液などをことごとく含みます。記事は混相流の特性、機構、測定、予測、利用または制御、それを用いた機器の設計など、およそ混相流現象にかかわる学理、技術等に関するものであれば広くこれを受け入れます。

記事の種目

分類 Ⅰ ; 論文、速報論文、技術論文
分類 Ⅱ ; 特集、総説、解説、講座
分類 Ⅲ ; 書評、寄書、談話室、随想、その他

投稿要領

下表の提出部数一覧に従い、投稿原稿に、必要事項を記入した原稿表紙を添えて、

・分類 I についてはE-mailにて論文審査委員会委員長宛、
・分類IIおよびIIIについては日本混相流学会事務局宛、

それぞれお送り下さい。原稿表紙は テンプレート (MS-WORD形式ファイル) をコピーまたはダウンロードしてお使い下さい。
使用言語は原則として日本語ですが、英語による原稿も受付けます。投稿に際しては、日本混相流学会 投稿規定 および同 投稿の手引き(PDF) をご参照下さい。本誌への投稿は、投稿原稿が未発表(国内外での講演発表は除く)であること、また、他誌への投稿の事実またはその予定が無いものに限ります。原稿の著作権は、掲載決定以後、日本混相流学会に帰属いたします。

記事種目 初期投稿段階 掲載決定後
分類 I ; 論文、速報論文、技術論文 電子コピー
(本文、表紙、PDF形式)1部
(論文審査委員長へ)
正原稿1部
(事務局へ)
分類 II; 特集、総説、解説、講座 コピー2部
(事務局へ)
正原稿1部
(事務局へ)
分類III; 書評、寄書、談話室、随想、その他 正原稿1部
(事務局へ)

掲載の可否

投稿された原稿のうち、分類 I のものは論文審査委員会が、分類 II および III のものは編集委員会が、それぞれその掲載の可否を決定して、投稿者に通知いたします。掲載可の通知を受けた分類 I および II の原稿の投稿者は、通知を受けた日から20日以内に正原稿を日本混相流学会事務局宛て送付して下さい。なお分類 I の原稿は、現在、投稿後5ケ月程度で掲載されています。

論文審査委員会
委員長;杉山和靖,〒560-8531 大阪府豊中市待兼山町1-3,
       大阪大学大学院基礎工学研究科機能創成専攻,
       電話:06-6850-6165,ファックス:06-6850-6097,E-mail: paper_review@jsmf.gr.jp

委員; 井上浩一(北九州市立大学),小原弘道(首都大学東京),河原全作(京都大学),高奈秀匡(東北大学),永井二郎(福井大学),原田英治(京都大学),堀純也(岡山理科大学),村井祐一(北海道大学),吉田憲司(広島工業大学),渡邉聡(九州大学)

編集委員会
委員長;細川茂雄,〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1,
        神戸大学大学院工学研究科
        電話・Fax:078-803-6132,E-mail:hosokawa@kobe-u.ac.jp

日本混相流学会事務局
〒554-0022 大阪市此花区春日出中2-14-9 (株)学術出版印刷内、
      電話 06-6466-1588、ファックス 06-6463-2522、E-mail:office@jsmf.gr.jp

▲ページ上部に戻る